き~ぼ~語録

き~ぼ~語録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト8進出

===ベスト8進出です。
なんとか勝利できたな。まぁ相手のサニーズには悪いけど、層の厚さで勝たせてもらったってところやな。あっちはエースやあの左の強打者も不在やったわけやから、メンバーもつらいところやったやろな。ベストメンバーで来られたら、わからんかったよ。
===確かに層が厚かった
う~ん・・・13人やろ。うれしい悲鳴やで。しかも控えが田坂、坂井、北岡とどれも主力級や。奥田がこれなくてセンターが抜けたけど、あれだけおれば補えるわな。「数は戦力なり」や!
===新戦力の二人ですが・・・?
ええねぇ、二人とも。走れる、強肩、ミートもうまいと二人とも三拍子そろっとるわ。ツネはあの強肩は将来の正捕手候補筆頭や。ただ正式入団をしてくれるように森に交渉を任せるわ。ヒロアキ(小石原寛明君)は走塁は暴走気味やったけど、あれは判ってての走塁と言ってたから、楽しみや。レギュラー陣もうかうかしてられないやろな。
===総体予選だけに気合がはいる。
次勝てば4年連続ベスト4か。そのうち太陽が丘(優勝)は1度やけど、いつも準決勝で負ける。先のことは考えず今目の前の相手を全力で倒すだけやろ。今年は投手層も厚いし期待はしてるけど。
===打撃好調
先制タイムリーの藤山は前の試合から2打席連続やろ。勝負強いわ。加藤もさすがやな。復帰初戦はボールが全然当たることもなかったのに、昨日は特大のホームランとはなぁ、恐れ入ったわ。田中も相変わらず好調やねぇ。1打席目のフェンス直撃弾も角度がもうちょい低ければ入ってる飛距離やったもんなぁ。ほんで原が好調や!2安打ともクリーンな当たりで久々の1番。代役というより、本来の味が出てきたな。いよいよ主軸がそろってきたで。
===田坂が久々登板
えらい間隔あいたなぁ。春のパワーズ戦以来か。相変わらずコントロールはよかったけど、あの変化球のすっぽ抜けはなんや?もうちょい練習しとけよ。次戦期待や。野田は調子よかったな。いきなりのセーフティで焦ったみたいやけどその後バックに助けられて波に乗れたなぁ。自らのエラーで1点はやったけど、まぁ勉強になったやろうな。打撃はしばらくは期待せんとくわ。体が完全に前に流れて、スイングになっていない。ただ当てにいってるだけや。俺も30打席くらいヒットがないときもあんな感じでボテボテのゴロしか打てなかったからよくわかる。気楽な打順で調子が上がるのを待っとくわ。
あと3つとにかく優勝して太陽が丘で3年前のリベンジをしたい。みんなホンマにホンマによろしくお願いします。
スポンサーサイト

語録復活!!

===語録が復活しましたね。
はい。おはようございます。そうね、これも野田のおかげや。せやけど、また、月イチくらいになるかなぁ^^なるべく試合後には書こうと思うわ。みんなもこれに名前が載れる様な、活躍(=酒乱)を期待してるで!
===先日のダブルは快勝でしたね。
そやな、試合の間隔もかなり開いたので、どうなることかと思ったら、案の定序盤の動きは悪かったわ。でも3回ころくらいからええ動きも見られてきたなぁ。坂井も審判の久保田さんのが絶賛してた通り、久々のセカンドでええ動きをしてたし、打撃でも駄目押しの2点タイムリー二塁打と相変わらず酔拳を炸裂してたのぉ。セカンド争いは熾烈になりそうや。森もうかうかしてられんぞ!
===四番候補は?
今のところ「四番」はおらんなぁ「4番目に打つ人」ってところや。今シーズンはじめころは俺が行くとかいってたけど、あれもやはり後者やな。かーp-ズから移籍のマサが当然筆頭やけど、あいつのおらんかった時は、この2試合で見る限りまだおらんわ。勝負強さという点では、田中、藤山が信頼しとる。そのあたりを中軸にして、今後の打順は組んでいこうと思ってるよ。下位に原や加藤を置くと打線の厚みが全然違うしね。
===打撃好調の田中です。
1試合目の三塁強襲のゴロの時から雰囲気はあったな。それにしても大きな一発やったな。試合の勝敗的にも、特大のアーチやったわ。今絶好調なんは田中やなぁ。
===ラッキーボーイ
誰もが認めるわ。ありゃ!1試合目の2内野安打と遊撃手の失策で3度の得点。極めつけは、2試合目で勝ち越しの前代未聞「2点タイムリー振り逃げ」を決めよった。すごいで!それも反則すれすれの計算があっての必殺技(?)やったんやな。今大会はラッキーボーイに期待したい。
===小谷・野田が好投
よう投げてくれたなぁ。二人とも体はズタボロやったろうな。ご苦労さん、田坂が仕事であまり来れてない状況で二人がようやってくれてる。これからも3枚でがんばって欲しい。
===采配では気を使う?
1試合目の初回に北岡に2死満塁のチャンスやったけど、いきなり加藤に代打やったところね。普通ならここくらいは打たしてあげようって思うところやろうね。でも、あそこは流れを引き込むためには、絶対に代打しかないと思ったんや。過去にも何試合かで、代打をためらい後で後悔した試合が何回かある。それをしたくなかったし、結果、代打で加藤が押し出しを選び1打点。続いて古閑の内野安打を呼んで一気に逆転できたわけや。それに北岡本人も絶対あれで正解と言ってくれると思う。それだけ信頼関係があるからできた采配と思ってるよ。2試合目も、俺の第2打席。1死1塁の局面。俺は藤山に代打を送ったな。あれも俺が打ちたい打ちたいと、思ったら代打もなかったし、藤山を「試合に出してあげよう」なんていう気持ちでの代打でもなかった。あそこはあいつを信じての代打や!俺は原が犠打を失敗して、あそこでは長打がどうしても欲しかったし、藤山に期待したら、これがドンピシャや。采配の妙を楽しませてもらったよ。これからも、こういう局面が幾たびあると思うが、ためらいは禁物やと思う。全員野球で勝とう。


ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。